通信費大幅削減相談

5G時代の到来で今後ますます通信費は上がる!?

携帯電話や初期のスマートフォンでは、インターネットの利用は専らメールやホームページの閲覧が主で、パケットの使用もそれほど多くはありませんでした。

YouTube動画やNetflixで映画などをスマートフォンで見ることが当たり前になり。リモートワークでZoomやGoogle Meetなどでオンライン会議が主流になった近年では音声通話よりもギガ数とその料金が重視されるようになっています。

アフターコロナの働き方改革でパケット通信はますます重要性を帯び、5Gが登場し普及すると、ギガからテラへ通信量が増えることは確実となります。

菅内閣は通信料金を下げることを最大の政治課題に置いていますが、このような背景から今以上に携帯料金は増えることになることが予想されます。

今後通信費は家計の割合をますます占める

docomo、au、softbankのキャリア3社の場合、スマートフォンの最低額プランを契約しても月6千円の出費は確実。

これに通話料や追加のギガ料金が入ると、月の料金は8千円を優に超えます。平均的には1万2千円前後の料金を払っているのではでしょうか?

家族1人ぶんでこれですから、これに家族3人分がはいるとどうなるでしょう?4人だと?5人だと?

家族割りプランなど入れたとしてもトータルで3万円超えは確実。家族が増えれば4万円~6万円の携帯料金を払うことになってしまいます。

食費よりも高い通信費なんて!まさに「あがんにゃ~!」ですよね?

1世帯当たり1か月間の通信費の推移(二人以上の世帯)(平成元年~30年)

※総務省統計局調査

通信費は誰でも下げられる、下げる努力を怠るな!

当店ではこのような家計を圧迫する通信費の見直しを行い、家計費の健全化を図ります。

まずは現在の携帯料金の半額を目指しましょう。

やり方によっては半額以下も目指せます。

毎月の通信料金にお悩みの方は、ぜひ一度ご相談にいらしてください。